賃貸経営をする場合に知っておきたい収支計画

アパート経営やマンション経営を成功させるには事前の準備がとても大切です。中でも、お金に関連することは慎重に考えておく必要があります。不動産を購入して賃貸経営をするのですから、まとまった金額になります。

いい加減な計画では失敗して大損をしてしまうことにもなりかねません。せっかく、儲けようと思っていたのにしっぺ返しをくらうことになります。今回は【賃貸経営をする場合に知っておきたい収支計画】についてまとめておきましょう。

■ 賃貸経営に関して収支計画とはどういったものなのか?
単純に収支計画を考えた場合、収入から支出を差し引いたものが収益になります。この収益がどれだけ得られるかを一年単位に表にまとめたものになります。一年間の収入額の合計金額が支出の合計金額よりも多ければ黒字となり収益が残ります。逆の場合は赤字です。

賃貸経営をするオーナーとして成功するには、この収支計画をシビアに見て現実性を持って計画しなければなりません。楽観的になるのもよくないですが、悲観的になりすぎてもいけません。いかに現実的に作成できるかが大きなポイントになります。

収入として見込まれるのは次のような項目です。
家賃・駐車場料金・共益費・礼金・更新料などがあげられるでしょう。
支出として見込まれるのは次のような項目です。
ローン返済額・修繕費・火災保険や地震保険の保険料・税金・諸経費などです。
これらの収支をチェックすることが大切だということです。

■ いかがでしたでしょうか?
では、具体的に収支計画書を作成するにはどうすればいいのでしょうか?
収支計画書を作成するポイントにつきましては、次回にご紹介したいと思います。ここでは収支計画とはどういうものかを理解いただければいいでしょう。